タイムタイマー社の社長がキターッ!!

3年ぶりにタイムタイマー社のJan社長が来社しました。
以前と同じ、とてもノリのいいマダムで、いろんなことを
お話ししました。

大きくは3つの話題です。

まずは【xxxxxx】について
「日本でxxxxxを#####しようと思うけど、どう思う?」
との我々の問いに、Jan社長は、
「xxxxxは、グレイトだ。
 是非、xxxxxは*****と一緒に#####しましょう」

何のこっちゃ、わからんがな。
フフフッ・・・残念ながら今はまだ秘密。

Sn3e0008 次に【タイマーボード】について
タイマーボードタイムタイマーオリジナル
組み合わせて使う”絵カード掲示版”なんです。
ほ~ら、とってもカンタンでキレイ!」
と、説明しようと思ったら、
見ただけでわかったようで「グレイト!」を連発。
人の話、聞いてまっか?

その時の写真が↑↑↑

世界のスタンダード品になるかもね。
タイマーボードの詳細はこちらへ

最後に【?????】について
「日本でタイムタイマーの?????を始めようと思う。これは、
 お客様へのとってもいいサービスだよ。」と我々が、
そのサービスの内容を説明すると、Jan社長は、またも
「グレイト!」を連呼し、
「そんなことできるの!?あらホントだ!
 世界中どこを探しても それはやっていないワ」
とビックリ。

そして、「担当者は彼です。」と弊社社員を紹介すると、
Jan社長は、彼に称号を付けてくださいました。
「The Master TimeTimer ????? engineer」

彼とは、このブログでちょっと有名な「肥後もっこす」です。
世界で唯一の"The Master TimeTimer ????? engineer"
に認定されました。

ちなみに・・・
Jan社長は、英語しか話しません。
私は日本語しか話しません。
どうしたかって?
社長は社長同士ということで、弊社の社長にミーティングに
加わってもらいました。
社長をVOCA代わりにしたといったところでしょうか・・・。
(社長、スミマセン ^^;> )

| | コメント (0)

初体験

意味深なタイトルですみません。
昨日、ディスカバープロwithインテリスイッチのユーザー様のサポートに行っていました。
その方はクチビルを少し動かす事しか出来ないのですが、

インターネット、メール、好きな音楽をパソコンに取り込んだり、テレビを観たり... 

パソコンを使いこなしているんですね。

ディスカバーは簡単にセットアップを変更する事も出来るので、その方法を教えに彼のいる病院へ...

1630 クルマを停めて、いつも通りの病棟に行くと、なんとなーく雰囲気が違う。

        廊下の蛍光灯が消えていて、スポットライトだけが灯いている。

    (てっきり省エネ対策だと思っていました)

1632 看護士の方から衝撃の連絡....

    現在停電中で17時までは予備電源供給とのこと。

    テレビ、パソコンも使えず、本人も困っているよう。

16:35 コンピュータを介して会話したことしかなかったので、

    別の手段はないものかと考えていたら..

    あった! 

   テレビ横に何やらサイン表が...

   まばたきの回数で「はい」「いいえ」 「吸引して」等、ずらり30種類以上。

16:45 「話し手もええですか?」
    「はい」
    「困りましたね」
    「はい」

16:45 もう少し話そうかなと思った時に電気が開通しました。

     もっと会話したかったのですが..とても慣れない私では時間がかかってしまい、

          よけいイライラさせてしまったかも..(すいません)


電気が通ってからは30分程度で彼の要望を受けてディスカバーを

より使いやすくすることができました。

最後に彼がディスカバーを使って「おつかれさまでした」と

いつもより早く入力出来たのが嬉しかったです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけました おめでとうございます

2009年 あけまして おめでとうございます。
本日より2009年始動です!


今年は、あの商品のあたらしい物から、
懐かしい商品の復活、去年人気のあった商品のラインアップを充実していきます。

スタッフ一同、がんばっていきますので
今年もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう〜い〜くつ寝ると...

はい!ATACカンファレンスです。
昨年同様、今年も私たちはアクセスルームで皆様をお待ちしております。
(去年の様子はコチラを参照して下さい)
え!そんな情報知らない!という方は、今すぐメールマガジン登録して下さい。
最新の情報を配信させて頂きます。

さて、たくさんの方々にお集まり頂けるネタを只今用意中なのですが、
今回は昨年好評だったバッジのデザインをチラッと公開しますね。
「もう〜イケズぅ〜」と言わずに(言ってもらいたい気もするけど....)

出来上がりをお楽しみに....

2008


| | コメント (2) | トラックバック (0)

秋の長野出張

17、18日長野へ出張してきました。

17日はめくるめくPCSと竹炭の世界、飯田養護学校へ。
校内を一通り案内していただいたところ、
あらゆるところでPCSを活用されていました。

月のスケジュール

Photo

週のスケジュール

Photo_3

一日のスケジュール

Photo_5

それぞれのお部屋にもPCS

Photo_4

夕方からのセミナーには学校の先生方が60名程お集まりいただき、
コミュニケーション支援のご案内をさせていただきました。

Photo_6

セミナーでは、当日知り合った男の子にVOCAを使って受付をお願いしました。
入り口で待ち受ける彼。人が入ってくると、スイッチをカチッ。
「こんにちわ~、前の方から座ってくださ~い」

セミナー途中にも、お手伝いをお願いしました。
「立って」→「手をヒラヒラして」→
    「ジャンプして」→「やめて」→「座って」をVOCAで。
8歳の彼の掛け声が大人60人を動かしちゃう、
とてもおもしろい、でも意味深いデモンストレーションでした。

18日は長野養護学校 長養祭での展示、販売。
展示に張り付いていて、あまり見て回れなかったのですが、
楽しい企画やお店がたくさんあったようです。

こちらでは多くの保護者の方が相談に立ち寄っていただき、
機器の活用だけでなく、支援の工夫についてなどのお話ができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

視覚支援で通風退散!

Aonebanner04 私は通風体質です。

 実は5年前に通風発作を起こし、この世の終わりのような”痛み”を経験しました。その後、ビールの量などをコントロールして何とか、発作を避けて生活を続けてきました。
 ところが先日、健康診断で尿酸値に異常大アリと診断され1次試験を見事通過し、現在2次試験に挑んでおります。

■自己管理しなければ・・・■

暑くなるこれからの季節はビールが実にウマイ!やめられませんっ!
でもあの痛みは、二度と味わいたくありません。休肝日も作らないと、「イザ、夏本番」って時にビールが飲めなくなるなぁ。
単身赴任の私生活では、自己管理が甘くなりがち・・・ついつい、その気持ちを忘れて1本2本・・・プューッ。。。しかも毎日。

そこで!
あの痛みを忘れないために、見てわかる1カ月の飲酒管理表を作ろう!やってみよう!

■どんなのをつくろうか・・・■

ビールを飲むのは1週間に4回、焼酎は1回(要は飲酒は5回)と決め(週に2日は休肝日を作る)、それを第1週~第4週に分けて1カ月間継続すると心に決め、カードを取ってから呑むこととし、週に飲みすぎると「痛い」カードにたどり着き、警告に「ドキッ!」・・・。
それでも飲みたければ、「痛い」カードを取って敢えて呑む!(意味ないがなっ!)

■使うものは・・・■

Print1_2 ボードメーカーでシンボルをレイアウトして印刷をしよう。
実は、ハサミやカッター作業が不得手な(絶対にまっすぐ切れない!)私でも、24枚の正方形カードが簡単に作れるというエーワンのラベルシート「絵カード 51751」(4列6行)を使うことにしました。
数がちょうどいい!4列あるので4週分。6行あるので飲酒回数5と警告1。



■手順■

Pc_3

Beer1_2_2 1:まずは、ボードメーカーのA-ONEラベルシート用テンプレートをダウンロードしてインストール。

2:ボードメーカーを起動し、「テンプレートを開く」から【51751.bm2】ファイルを読込み
3:おじさんボタンをクリックして「ビール」と「びん」と「いたい」と「あし」のシンボルをそれぞれ検索して、枠に貼り付け&貼り付け&貼り付け・・・
4:よ~し、レッツ印刷!
5:印刷が終わったら、線に沿って折り目を入れて、切り取りやすくするために1枚1枚のカードを手で半分だけ切っておく。(簡単に切れる利点を活かしてね)
6:シートごと壁にピンで貼り付けたら完成です。
7:あとは、呑んだら切り取っていくだけ。


■オマケ■

Beer2_4 完全に切り取らずに半折りにするのもアリかも・・・とも思いました。
ビンゴカードのように。
こうすると進捗がわかるし、繰り返し使えるかな・・・。それは無理かな。
この時はカードの下半分が切り取られないよう行ごとにテープで留めておくとイイかも。

 

通風退散!メタボ阻止!肝臓保護!

| | コメント (0)

いらち

Aonebanner04_2

おそらく、自分は「いらち」です。大阪人の7割は「いらち」じゃないでしょうか?
え?「いらち」ってわからないですか?「気が短い」とか「せっかち」の方を関西ではこういいます。「信号が待てない」「人の話を最後まで聞けない」などなど.....
特にインターネットも高速化になり、パソコンの処理だって数年前とは比べ物にならない程スピードアップしているのに、展示会などでボードメーカーを使ってシンボルカードを作成するには、

時間がかかる!!
と思いません?

もちろん、手書きをするよりも早いし、きれいに作成できるんですよ(←これ大事!)
しかし、プリンターから出力された用紙をハサミで切って、角を落として、場合によってはラミネート加工して....

破れたりしようものなら   ウキィィィィィィ!

いらちモード全開です。

さて前置きが長くなりましたが、こんな方の為に、

便利なラベルシートの販売を開始します。

くわしくはこちらを!

試しに私は手作り絵カードでひとネタ考えてみました!このシートは一度に24枚のカードが簡単に作れます。
ボードメーカーでダウンロードした51751用のテンプレートを開き、動物だけのカードを作るため、
カテゴリ検索を行いました。
Suijyaku_7 カテゴリ検索をすると、関連したシンボルしか
現れないので、とても便利です。

2つずつシンボルを配置し、

プリントしたところ...

きれい!!








Dsc01470_3 でハサミを使わずに簡単にベリベリッと
切り取り、全てを裏返したら...

「PCS神経衰弱!!」

の出来上がりです。






Dsc01472_3

中年のおっさんの頭では撮影するために

いくつかめくってみるものの、
全く歯が立たず...

脳内活性化の為に是非PCS神経衰弱をお試し下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東北が熱くなる!?

今年は東北がホットスポットになるかも・・・
そんな気がします。

今年は1月に1回、3月に1回と既に遠征済み。東北のいろいろな方と出会うことができました。初めて会う人、何年かぶりに再会した人、得るものが多く仕事って楽しいとも感じました???coldsweats01
そう昨年、東北行脚を敢行してからというもの縁が深くなったような気がします。「強烈なイベントをしてコネを作って・・・」というやり方ではなかったのですが、どちらかというとジミに回っていたのですが。

神様が見ているのでしょうか?えべっさんやろか?thunder

この1年間、ある地域で1件の仕事が入ると、どこにも知らせていないのに、その地域の他の仕事が舞い込むというサイクルが存在している感じです。

んんー、ちょっと気持ちわりぃ・・・・。

グタグタ書きましたが、そのご縁の恐ろしさの極めつけ!!dash

なんとっ!あのATACセミナーが東北で開催されることになりました。
6/7(土)が秋田で6/8(日)が八戸です。
もちろん私達はたくさんの支援グッズを持って遠征いたします。
あの東京大学 中邑先生、香川大学 坂井先生が講師です。
詳しくは、
http://www.e-at.org/atac/new/index.html

お近くの方、いや、近くでなくても!是非、きてくださいね。
アイデアというたくさんのお土産を用意して行きますよぉ。

お待ち申し上げております。smile

| | コメント (0)

よこやり ~ メルマガ会員限定

005

2007カウントダウンパッケージ

タイムタイマーウォッチとビニールポケットカレンダー、かくれんぼうのお得な福袋セットです。
(詳しくは12月19日のメルマガをご覧くださいね。)
クリスマスバージョンでは、赤か緑のバッグに缶バッチ(下↓の)いづれか1個がついてきます。

バッグに入れて、お友達にクリスマスプレゼント☆なんてのもいいかもしれません。
かわいいですよ~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大活躍!

先日、ユニバーサル技能五輪・国際アビリンピック2007というイベントに機器展示およびステージショウで参加しました。
そこで弊社の機器ユーザーであるヒロ君とタカ君にお手伝いいただきました。
ヒロ君は、アゴでスイッチを押してパソコンを操作します。
タカ君は、ヒザでスイッチを押してパソコンと電動車椅子を操作します。

もう、スゴ過ぎます!!この2人。
集客できるワ、デモして機器説明できるワ、ステージでも堂々とパフォーマンス!
社員が説明するより、よっぽど説得力があります。
自分からサンドイッチマン(←この単語が分かる人、古いよぉっ)を要求してくるほどのやる気!

Img_0566_s_2

さらにすごいのは、この2人のオカン。
子どもが捕まえたお客さんを たたみかけるような接客ぶり・・・社員不要の展示ブースでした。

これから、弊社の展示やセミナーはこのやり方に変えようかなぁ。
ユーザーの姿や声をお客様に見ていただくことが「てっとりばやい!」と痛感しました。

Img_0693_s ちなみにこの2人には、12/1と12/2のATACカンファレンスにて講師を務めていただくことになりました。

ぜひ、みなさま、この2人を見てください。重度な障害があっても「こんなにできるんだ」って思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧