« わかりやすくすること | トップページ | ビタミンP »

パンの味

Amelie_pcs_1
先月の今ごろ、休暇を取った私はあこがれのパリの街をぶらついていました。満足度100パーセントの旅でした。ある1点をのぞいては。

「『指差し会話帳』を持って行ったら?」というありがたいアドバイスに耳を貸さず、「ヨーロッパやからカタコトの英語でなんとかなるはず!」とノーテンキに旅立ちました。覚えたてのフランス語、「ボンジュール(こんにちは)」と「メルシー(ありがとう)」のたった2語を掲げ意気揚々とフランス初上陸です。

パン好きの私は街中にあふれるパン屋のショーウインドーに釘付けでした。「お昼ゴハンはここのパンにしよう。うっ、どれもおいしそうで選べない。よしっ、惣菜パンとおやつパンを1個ずつ買うことにしよう。このパンの中身はなにかなー?お店の人にきいてみよう。」笑いかけてくれた店員さんに近寄り「英語を話しますか?」と質問。申し訳なさそうに「ノー」。ショック。

こうなったら見た目で選ぼう!クロワッサンがとてもおいしそうだったので惣菜パンとして選択。おやつパンにはチョコのかかったパンを選びました。セーヌ河を見下ろすベンチに腰かけまずはクロワッサン(=惣菜パン)からパクリ。おいしい!でも惣菜パンとしては甘すぎる... 続いて口にしたチョコパンが予想どおり甘かったことは言うまでもありません。

旅のあいだの食生活はこんな感じでトンチンカンでした。話せない、メニューが読めない、相手の言っていることがわからない... そんななか、アイスクリームの買い物だけは別でした。味をあらわす単語が英語と似ていて想像できたので、「指差し」と「ボンジュール」と「メルシー」でほしいものを見事手に入れました。あーあ、こんなことならコミュニケーションボードをつくってくればよかった。会社のパソコンに「ボードメーカー」入ってたのに... 切ない旅の思い出です。(か)

追伸:写真は映画「アメリ」に登場した八百屋さん。アメリに天罰を与えられたイジワルな店主が働いていたお店です。右下に小さく顔を出しているのは私が持って行きたかったPCSです。

|

« わかりやすくすること | トップページ | ビタミンP »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。密かにこのブログのファンです。

パリ、英語が通じませんよね~。
それでもステキな街ですね。もいっかい行きたいなぁ

投稿: カンカン@たかまま | 2006年5月25日 (木) 19:43

とてもステキな街でした。夜のイルミネーションもキレイだったけれど、夕暮れどきの空が薄桃色に染まる頃のパリはもう本当に美しかったです。

コメントありがとうございました。

投稿: (か) | 2006年5月26日 (金) 14:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48968/10207741

この記事へのトラックバック一覧です: パンの味:

« わかりやすくすること | トップページ | ビタミンP »